開業

クラウド会計ソフトfreeeがふるさと納税証明書で確定申告出来るようになったので試してみた。

株式会社freeeが提供するクラウド会計ソフトfreeeふるさと納税ポータルサイトと連携して、

確定申告の時に「寄附金控除に関する証明書(電子データ)」をアップロードするだけで申告出来るようになった。

っと言うニュースを見たのでさっそく試してみる事にしました!

 

≫参考記事:Impress Watch『freee会計、ふるさと納税証明書をデータ連携。確定申告で手入力不要

 

この記事を書いたのはこんな人

元企業のネットショップ総合責任者。

EC事業で独立し、現在は月商2000万のネットショップオーナー。

日本一のLINEマーケティンググループへ所属し、Lステップ運用を学んだLINE公式マーケティングのプロ。

 

⇩顧客行動を分析して売上を倍増させる方法⇩

岡山県 Lステップ 構築代行
Lステップで顧客育成!公式LINEを自動化させて売上を爆上げする方法

客離れが起こってるのか最近売上がよくないんだ、、、。どうにかして売上を上げたいんだけど何か方法が無いかな? 結論!Lステップを公式LINEに導入してファン化させましょう! なぜLステップを導入すると売 ...

続きを見る

 

クラウド会計ソフトfreeeがふるさと納税証明書で確定申告出来るようになったので試してみた。

freee 確定申告 ふるさと納税

クラウド会計ソフトfreeeでふるさと納税をする時っていままでは手動だったんだけど、2021年より「寄附金控除に関する証明書(電子データ)」をアップロードするだけでOK!

で、「寄附金控除に関する証明書(電子データ)」を手に入れるためには国是庁長官が指定した特定事業者からのみダウンロードする事が出来ます。

 

具体的なサイト一覧は『国税庁のサイト』に記載されてるので、自分の利用したふるさと納税ポータルサイトが乗ってれば確定申告が楽になりますね。

 

freee 確定申告 ふるさと納税

私は今年YAHOOショッピングで購入したので、YAHOOショッピングと連携されてるさとふるから「寄附金控除に関する証明書(電子データ)」を手に入れる事になるっぽいですね。

 

freee 確定申告 ふるさと納税

「寄附金控除に関する証明書(電子データ)」を手に入れるためには『さとふる』のサイドバーにある『控除手続き』から『電子発行』をクリック!

 

freee 確定申告 ふるさと納税

すると、電子発行するための規約とかにチェック入れるページが表示されるので、チェックして申請予約。

 

freee 確定申告 ふるさと納税

最後に申込ボタンを押せば指定のメールアドレスに「寄附金控除に関する証明書(電子データ)」をダウンロードできるメールが送られてくるみたいです。

2021年が終わったらふるさと納税額が決定して1月中旬くらいにメールを送ってくるようですね。

 

freee 確定申告 ふるさと納税

これで「寄附金控除に関する証明書(電子データ)」の申込は完了!

思ったよりも簡単でした。

 

freee 確定申告 ふるさと納税

次は『クラウド会計ソフトfreee』のページを見てみましょう。

「寄附金控除に関する証明書(電子データ)」ってどこからアップロードするんだろう?

っと思って探してた所、、、見つけました!

 

freeeの確定申告ページから収入項目まで進んで

 

freee 確定申告 ふるさと納税

『ふるさと納税などを寄付しましたか?』って言う質問に「はい!」っと答えると、

『寄付金控除に関する証明書を取り込む』

っと言うボタンを発見!

 

ここに、

 

ふるさと納税ポータルサイトからダウンロードできる「寄附金控除に関する証明書(電子データ)」を入れてアップロードすればOKのようです。

いままでは、ふるさと納税受領書を大事に保管していないといけなかったけど、電子化された事で紙の保管をしなくてもよくなるのはありがたい!

 

ちなみにクラウド会計ソフトfreeeでは領収書データも写真として取り込めるので、領収書の保管も必要がないのが便利ですねー。

領収書もかさばるので、住宅で仕事してるフリーランスとかには家が狭くならなくてありがたい機能です。

 

今後もfreeeの進化に期待ですね!

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

井川 裕輝

ネットショップ総合管理職3年の経験を経て独立、現在は法人代表。小規模低予算少人数でのネットショップ立ち上げ経験が最も多い。

-開業

© 2022 ネットショップ運営情報ブログ『WellMaga』