ネットショップ運営ノウハウ

【要注意人物!】楽天のブラックリスト入りしたお客様へは販売するな!

楽天で受注処理してたら赤い線に囲まれたお客様がいたんだけど、これっていったい何?

結論!ブラックリスト入りしたお客様です!

何かしらのトラブルを起こしてる方なので要注意!

本記事はこんな方におすすめ

  • 楽天でブラックリスト入りしたお客様がいた場合どうすればいいの?っとお悩みの人向け
  • 楽天のブラックリストに載るとどうなるのか知りたい人向け

 

この記事を書いたのはこんな人

元企業のネットショップ総合責任者。

EC事業で独立し、現在は月商2000万のネットショップオーナー。

日本一のLINEマーケティンググループへ所属し、Lステップ運用を学んだLINE公式マーケティングのプロ。

 

⇩顧客行動を分析して売上を倍増させる方法⇩

岡山県 Lステップ 構築代行
Lステップで顧客育成!公式LINEを自動化させて売上を爆上げする方法

客離れが起こってるのか最近売上がよくないんだ、、、。どうにかして売上を上げたいんだけど何か方法が無いかな? 結論!Lステップを公式LINEに導入してファン化させましょう! なぜLステップを導入すると売 ...

続きを見る

 

楽天のブラックリスト入りしたお客様への対応

楽天 ブラックリスト

楽天でネットショップを運営しているとごく稀に赤い枠に囲まれたお客様が現れる事があります。

赤い枠で囲まれたお客様は過去に『受け取り拒否』『支払い拒否』などトラブルを起こし、要注意人物としてブラックリストに入ってしまった方です。

 

では、上記画像のようにブラックリストに入ってしまったお客様に対してはどのように対応していけばいいのか?

 

結論としては、注文拒否をする事が最善策となっています。

ブラックリスト入りしていると言う事はかなりの問題児で商品を送ってもトラブルになる事が多く、ネットショップ運営に支障を出す可能性があります。

 

もちろん、注文を受けて商品を発送するかどうかは店舗側の自由ですが、私の場合では注文拒否一択。

余計なトラブルには巻き込まれたくないですからね、、、。

これは楽天のサポートに電話して相談した時にも『注文拒否』を推奨されました。

 

楽天のブラックリストに載るって事は、それだけ色々な問題を引き起こしてるので商品を発送するリスクが大きいって事ですね。

余計なトラブルに巻き込まれて健全なネットショップ運営の妨げになるくらいなら、ばっさりと注文を切った方が安全でしょう。

 

楽天でブラックリストに入ったお客様への対応まとめ

楽天でブラックリスト入りしたお客様へは『注文拒否』一択!

トラブルになりそうな人の対応をするよりも、お得意様に気持ちよく商品を使っていただけるような対応に時間を使いましょう。

大事なのは自社の商品を愛用してくれてるお得意様ですね。

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

井川 裕輝

ネットショップ総合管理職3年の経験を経て独立、現在は法人代表。小規模低予算少人数でのネットショップ立ち上げ経験が最も多い。

-ネットショップ運営ノウハウ

© 2022 ネットショップ運営情報ブログ『WellMaga』