WEBデザイン

Affinity Designerで文字の行間を調整する方法【タイポグラフィ】

Affinity Designerのフォントの行間バランスが悪いなぁ。行間調整したいんだけどやり方を教えて欲しい。

本記事ではこのような悩みを解決します。

本記事はこんな方におすすめ

  • Affinity Designer初心者向け
  • Affinity Designerで行間調整したい人向け
  • Affinity Designerのショートカットキーを知りたい人向け

 

この記事を書いてるのはこんな人

2015年2月23日にmac版のAffinity Designerと出会ってからAffinityシリーズを使い続けているAffinity愛好家。

 

 

Affinity Designerで文字の行間を調整する方法【タイポグラフィ】

この章ではAffinity Designerの文字行間の調整方法を紹介します。

 

動画で見たい方はこちらをご覧ください。

 

affinity designer 行間調整

サンプルテキストとして『行間調整!!』って言う文字を作ってみました。

『!』の部分の行間が空きすぎてて違和感を感じますね。

『!』部分の空白を調整していきます。

 

affinity designer 行間調整

空間を調整したい文字の手前にカーソルを合わせて

 

affinity designer 行間調整

Windowsなら『Ctrl + 矢印の左』、Macなら『command + 矢印の左』で文字を詰める事が出来ます。

 

affinity designer 行間調整

『!』を2つとも調整すると画像みたいな感じで文字の中にあった余分な空間を消す事が出来ました。

フォントによっては、記号以外でも特定の文字に空間が空きすぎてる現象が見られますので、空間を調整する事で文字のバランスを取る事が出来ます。

逆に『Ctrl + 矢印の右』とかを押すと文字の隙間がどんどん増えていきます。

 

affinity designer 行間調整

文字の行間を調整したい場合についても紹介しますね。

まずは適当な文字をサンプルのため並べてみました。

 

affinity designer 行間調整

行間を開けたい行の先頭にカーソルを合わせたら『Ctrl + 矢印の下』、Macの場合は『Command + 矢印の下』を押す事で行間が下に広がっていきます。

 

affinity designer 行間調整

逆に『Ctrl + 矢印の上』、Macなら『Command + 矢印の上』を押すと文字の行間が縮まって上の文字に重なるような感じになりました。

 

基本的にはキーボードの矢印通りに動いてくれるので分かりやすいかと思います。

文字のタイポグラフィを調整する時に活躍するので、ぜひ試してみてください。

 

 

初心者向けにバナー作り方を記事としてまとめましたので、バナー作りに困った時に活用してみてください。

初心者デザイナー必見!ネットショップで使えるバナー作成徹底解説まとめ

デザイン
ネットショップ用バナーの作り方!現役ネットショップオーナー直伝!

バナーを作らないといけないけどデザインセンスが無さすぎてバナーが作れない。どこから手を出せばいいの? バナー作成にデザインセンスは不要!作り方さえ知っていれば当てはめるだけで作る事が出来ます。 本記事 ...

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

井川 裕輝

ネットショップ総合管理職3年の経験を経て独立、現在は法人代表。小規模低予算少人数でのネットショップ立ち上げ経験が最も多い。

-WEBデザイン
-

© 2021 ネットショップ運営情報ブログ『WellMaga』