マーケティング本

完全教祖マニュアル要約レビュー

こんにちは、井川です。

今回はセルフブランディングやファン作りに役立つ書籍「完全教祖マニュアル」のレビュー記事となります。

 

完全教祖マニュアル(目次)

教祖完全マニュアル

  • 序章 キミも教祖になろう
  • 第一部 思想編
  • 第一章 教義を作ろう
  • 第二章 大衆に迎合しよう
  • 第三章 信者を保持しよう
  • 第四章 教義を進化させよう
  • 第二部実践編
  • 第五章 布教しよう
  • 第六章 困難に打ち克とう
  • 第七章 甘い汁を吸おう
  • 第八章 後世に名を残そう
  • 「感謝の手紙」
  • あとがき---信仰

 

完全教祖マニュアル(要約レビュー)

この完全教祖マニュアルですが、一言で言うと「宗教を自分で作るための方法を具体的かつおもしろく教えてくれる教科書」でした。

  • なぜ人には宗教が必要なのか?
  • 宗教の始まりってどんなものなのか?
  • どういった人に人は集まるのか?

とくに「科学は宗教」と言う話はおもしろくて、「人は科学的な根拠を示せば無条件で信用する」だそうです。

たしかに言われてみれば、データとか出されて小難しい話されると「なんかよくわからんけどすごそう・・・」って思いますものね。

特に「科学的に証明されてる」なんて言われたら一般人には嘘か本当か調べる事が出来ないので信用せざるを得ないです。

 

他にも「宗教作ってセックスしまくる方法」とか「立場の弱い人間の代わりに声を上げる事で信仰が出来る」とか、自分にとって都合の良い宗教の作り方まで紹介されています。

宗教作ってセックスしまくった結末がどうなるのかは実際の本で確認してみてください。

 

 

宗教を作る話は現代でも使えて、とくにSNSとかでインフルエンサーになりたいとかセルフブランディングして強いファンを作りたいなんて時には活用できます。

ビジネス的な観点から見ても読んでおいた方がいい一冊だと思います。

 

完全教祖マニュアル(口コミ)

この本を読んだ他の人の口コミも見てみましょう。

新しいビジネスモデルとしてありなのではないかと思い購入しました。
私自身は神社等のさい銭箱にお金を無駄だと考えるほど、無信仰です。
この本は、そんな私に教祖になる方法をギャグ込みで教えてくれました。
様々な宗教について教えてくれます。
読む前は完全に宗教を馬鹿にしていましたが、読んでる内に誰かと宗教についてディスカッションしたくてたまらなくなりました。
宗教の奥の深さに感動しました!
こんだけ絶賛しましたが、何かを信仰したいとは1ミリも思わなかったので、安心して手に取って下さい。

 

ハゲが治る、英語が喋れる、ダイエットが成功すr…

教祖としての成功の仕方を、なんだか見たことのある語り口で、皮肉たっぷりに解説。
面白おかしく読み勧めていくうちに、気づくと、宗教の成り立ちや意味、そして功罪を
知識としてたっぷり吸収できちゃってる。

こういう語り口の教科書が増えたら、中学や高校での勉強ももっと面白くなるのにな〜

完全にネタっぽい文脈が散見されるが
その裏には、宗教に対する並々ならない
情熱を感じさせる、良書である

驚くべきことに、教祖とは何かの弾みで頭が
どうにかなっちゃった人が
オレ、さっき神様にあってきたから
教祖になるわ
と言ってなれるものではないそうだ

日本人は無宗教なので、宗教と聞くと
胡散臭いイメージが先に立ってしまう
S〇〇Pの「世界で一つだけの花」が
大ヒットしたのは、没個性を嫌う日本人の特性だろう

なのに、平気でラーメン屋の行列には
並んだりする、おちゃめな日本人

この先、少子高齢化が深刻化し
鬱や、セルフネグレクトや、自殺が
深刻な社会問題を加速させ
人びとの繋がりを断ち切る
時代に突入するだろう

テクノロジーで、それを解決するにはまだ早すぎる

でも大丈夫
寂しさや不安を感じたら、本書を手にとって欲しい
あなたは1人ではありません
本書を信じなさい
信じるものは救われるのです

というストーリーを信じさせることができ
その処方箋を提供し、人びとをハッピー('∀`)に
させるのが、教祖である

 

231人中82%の人が高評価しています。

完全教祖マニュアルまとめ

完全教祖マニュアルでは、『宗教の作り方を面白おかしく具体的に教えてくれる』良書となっています。

これから自分で宗教を作りたい人以外にも、SNSやビジネスでのファン作りや、政治家になりたい人は絶対に読むべき本の一つです。

信者を作ってみんなも自分もハッピーにしていきましょう!

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

井川 裕輝

ネットショップ総合管理職3年の経験を経て独立、現在は法人代表。小規模低予算少人数でのネットショップ立ち上げ経験が最も多い。

-マーケティング本
-

© 2021 ネットショップ運営情報ブログ『WellMaga』