プログラミング

WordPressで簡単に引っ越しが出来る優秀なプラグイン「All-in-One WP Migration」

こんにちは

最強の意識高い系ブロガーの井川です。

 

ブログの引っ越しって大変ですよね?

FTPでデータベースに繋げて記事や画像をダウンロードしたら引っ越し先のデータベースへ移動、記事のリンクもすべて修正して・・・

「う~ん、ややこしい。もっと簡単にできないの?」

そんなときに役立つのがこれ「All in One WP Migration」です。

 

All in One WP Migrationとは?

メディアファイル、プラグイン、テーマ、投稿記事を簡単に移動できるWordpress用プラグインになります。

エクスポートの際に検索&置換が出来るので一部の単語を変えたい時にも便利。

運営者の名前とか「〇〇」から「△△」へ変更しようと思ったら大変だけれど、エクスポートの際に自動でやってくれるのなら安心ですね。

 

(2020/01/09時点)評価は5段階で最高の5が5,424件、最終更新日は2020/01/07と最新版です。

 

All in One WP Migrationの使い方

まずは「引っ越し元」と「引っ越し先」の両方にWordpressのプラグインの追加から「All in One WP Migration」で検索して追加。

こちらはすぐに見つかりますので、有効化します。

引っ越し元からエクスポートする

引っ越し元サイトからまずはデータをエクスポートします。

高度なオプションでいらない物にはチェックを入れてエクスポートしましょう。

メディアライブラリをエクスポートすると容量が大きくなりすぎてインポート時にフリーズしますので、私は基本的にメディアライブラリは「エクスポートしない」にチェック入れています。

引っ越し先にインポートする

エクスポートしたファイルを引っ越し先にインポートします。

よほど大量に記事がない限りはファイル容量がそこまで大きくならないので何事もなくインポート完了します。

ここでメディアライブラリを含めるとインポート中のプログレスバー(インポート状況を示すバー)が何時間たってもピクリとも動かない状態になります。

 

私はここで動かなくなって画像だけはFTPで移動する事にしました。

 

All in One WP Migrationのメリット

  • 記事移動時に画像URLなどを引っ越し先のURLに自動で変えてくれる。
  • エクスポート時に単語の置換が出来る。
  • インストールしてアップロードするだけなので簡単
  • 引っ越し元の細かな設定も全て移動できる。

All in One WP Migrationのデメリット

  • 画像ファイルの移動は重すぎて出来ないのでFTPに頼る必要がある。
  • ログインIDやパスワードなども上書きしてしまうので最初ちょっとビビる
  • 追加ではなく全てを上書きなので2つのサイトを統合する時には使えない(インポートすると先に書いてある記事は全部消える)

まとめ

画像の移動に難ありなので「All in One WP Migration」だけで全て引っ越しできるか?っと言われれば難しいかと思います。

記事数が少なければ大丈夫だけど、私のブログは200記事超えてたので画像はFTPからデータを移動させる必要がありました。

引っ越し時間はおよそ5分程度、リンクのURLを自動変更してくれるのは便利ですね。

元ブログと運営者の名前も変えたのでそこも変更する必要があったし

 

注意点としてインポート後はIDとパスワードが引っ越し元の物に変わるので引っ越し先のIDとパスワードを入れてもログイン出来なくなります。

私はここで焦って「え?パスワード合ってるのに入れない!なんで!?」みたいな事になりました。

それでもプロフィールや設定などの細かい箇所も全て上書きしてくれるので「パスワード変わってもいい」っていう状況であればオススメのプラグインです。

引っ越しで困ったときにはぜひお試しください。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

井川 裕輝

ネットショップ総合管理職3年の経験を経て独立、現在は法人代表。小規模低予算少人数でのネットショップ立ち上げ経験が最も多い。

-プログラミング
-

© 2021 ネットショップ運営情報ブログ『WellMaga』